So-net無料ブログ作成
ドリ塾とは ブログトップ

理念 [ドリ塾とは]

私共は子供達の将来に繋がる『育つ畑』としての環境づくりを常に意識しています。

1. (自由自在にボールを扱う)
2. (主体的な取り組み)(継続力)(ひたむきさ)
3. (集中する)(考える)(調整する)
4. (スピード・スタミナ・ボディーバランス)

『ドリ塾』では、独自のドリブルトレーニングの中で上記『4つの柱が全て』育ちます。

「ドリブルで心と頭?」とお思いかもしれませんが、
心と頭で作る「意志」 が「劇的な上達」へ続く扉の鍵です。
ドリ塾では技術の詰め込みでは無く、育つべき個の「志」に語り掛けて成果を出します。
「今の自分」から「なりたい自分」に向かって努力、成長する環境が『ドリ塾』です。

[おことわり]
『ドリ塾』の理念を良くご理解された上での入塾を強くお奨めします。

[ドリ塾監修/JSC CHIBA代表]川島和彦[監修] 川島 和彦/Kazuhiko Kawashima

[プロフィール]
-1966年生まれ/千葉県出身-
・16歳でJSC CHIBAの前身、院内サッカー少年団で指導者人生をスタート。現在、JSC CHIBA代表者を務める。

類稀なる優れた観察力(状況把握)、洞察力(内面を見抜く)、考察力(課題解決)と探究心旺盛が持ち味。様々な経験から得た独自のドリブル指導法は全国のクラブチームからも注目され、数多くのサッカー誌でその指導ノウハウが特集されている。
[日本サッカー協会C級ライセンス]
                                

共通テーマ:スポーツ

スタッフ紹介 [ドリ塾とは]

ドリ塾監修/JSC CHIBA代表_川島和彦[監修]
川島 和彦/Kazuhiko Kawashima

[プロフィール]
-1966年生まれ/千葉県出身-
・16歳でJSC CHIBAの前身、院内サッカー少年団で指導者人生をスタート。現在、JSC CHIBA代表者を務める。

類稀なる優れた観察力(状況把握)、洞察力(内面を見抜く)、考察力(課題解決)と探究心旺盛が持ち味。様々な経験から得た独自のドリブル指導法は全国のクラブチームからも注目され、数多くのサッカー誌でその指導ノウハウが特集されている。
[日本サッカー協会C級ライセンス]
 
 
本千葉塾長_村松正則[四街道(木曜)塾長] [本千葉塾長] [市川(火)塾長] 
村松 正則/Masanori Muramatsu


[プロフィール]
-1978年生まれ/千葉県出身-
・JSC CHIBAの前身である院内サッカー少年団出身
・22歳よりJSC CHIBAトップチーム(社会人)での選手活動とジュニア代表チーム(U-12以下)の指導を兼任する。

JSC CHIBA川島監督の秘蔵子的な存在であり、数多くの遠征と指導法を川島の元で経験した川島イズムの継承者の一人である。さらに、指導におけるデモンストレーションには定評があり、責任感が強く選手達の兄貴的な存在である。
[日本サッカー協会D級ライセンス]
 
 
四街道塾長_児玉喜之[市川(木)塾長]
児玉 喜之/Nobuyuki Kodama


[プロフィール]
-1978年生まれ/千葉県出身-
・JSC CHIBAトップチーム(社会人)を現役引退後、25歳より本格的に指導者としての人生を歩む。

馬鹿がつく程の真面目な男であるが、秘めたる熱き情熱は彼の右に出るものは居ない。と言っておこう。
下は未就学児から上はジュニアユースまで、異なるカテゴリーの指導に対応出来る抜群の器用さ(スイッチ)を備え持つ。
とくに、彼の選手に対する声掛けは必聴である。
[日本サッカー協会キッズリーダー]
 
 
KIMG0046.JPG[八街塾コーチ]
岡山 理継/Noritsugu Okayama

[プロフィール]
-1984年生まれ/滋賀県出身-
・サッカーをとことん追求しスペインまで飛んでいくほどのサッカー好き。
寝ることも忘れサッカーを見るほどのサッカー好き。
指導となると選手には厳しく常に高い要求をする。関西弁から出る厳しい言葉の中には愛情も含まれている。

[日本サッカー協会C級ライセンス]

 


共通テーマ:スポーツ
ドリ塾とは ブログトップ