So-net無料ブログ作成
--SPコース日記-- ブログトップ
前の5件 | 次の5件

スイッチ [--SPコース日記--]

みなさん こんにちは。

雨のトレーニングとなったこの日、スペシャルコースは18:30~19:00の30分間、スタンダードコースの選手と一緒に練習を行いました。

コーンドリブル。ジグザグに細かくて速いボールタッチに拘る。
5本のコーンをドリブルし終えたら、走ってまた並ぶ。
やり方はシンプルだが、取り組み方が難しい。
雨、滑るボール、滑るピッチ、疲労感、集中力。様々な要素に対する対応が必要。
スペシャルコースの選手を選出する際に最も重要視する『取り組み方』
スタンダード、スペシャル、両選手達にとってこの30分間はお互いに刺激になったはずです。

雨に濡れてしまい、カメラが起動しなくなってしまったので残念ながら写真に収めることはできませんでした。

[市川塾長] 実川 真悟


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

チーム [--SPコース日記--]

みなさん こんにちは。

ドリ塾はあくまでもスクール(チーム活動を行わない)ですが
【チーム】のような雰囲気というか一体感を各カテゴリーで感じることが出来ます。

スペシャルコースの練習は18:30~ですが18:00過ぎから徐々に選手が集まり始める。
その選手達を見てみると自然と輪が出来あがり、ただ単に仲がいいと言う訳でもなく選手同士の繋がりを感じることが出来ます。

トレーニングはと言うと先週に引き続きゴール前での1vs1を行いました。
瞬時の判断と感覚をディフェンス/オフェンス共に磨く事がテーマ。
jtk130529-02.jpg

ディフェンスの質がかなり上がり、オフェンスはかなり手こずっていました。
次回はオフェンスの質を高め、全体のレベルを上げようと思います。

リクトがこの日から練習に復帰。
まだちょっと痛みがありそうだけど、やはりキレキレだった。
あまり無理はしないように!

[市川塾長] 実川


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

しみじみと感じる [--SPコース日記--]

みなさん こんにちは。

5/21(火)のトレーニングではいつもとはちょっと趣向を変えたトレーニングの構成に。
どちらかといえば、足元の技術を高める事をメインで行っていましたが
この日は全く違う切り口で1vs1を2種類。

『真面目に頑張るだけじゃダメ』
『フェイントは使わない』
『一瞬の勝負』
『判断じゃなく反応』

こんな事を言いながらの練習。
jtk130522-01.jpg

『真面目に一生懸命』は悪い事ではもちろんないけど
それだけでは補えない部分もあるし、ズルさや感覚や瞬時の反応なんて事が大事だってことを伝えたかった。

ジュンヤのDFがメチャクチャ上手くなってた。
タダノシンは『真面目で一生懸命』の見本みたいだ。
リクトがそろそろ復帰できるみたい。

みんなそれぞれ本気!だから面白い!!

[市川塾長] 実川


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

元気か? [--SPコース日記--]

みなさん こんにちは。

現中1が卒業し、人数の減った市川スペシャルコース。
現在は少数での活動ですが、内容は相変わらず濃いものになってます。

緊張感あるトレーニングを自ら取り組むことが出来る選手達。
単に技術や身体能力ではなく、内面をかなり重視した選考方法がここのやり方。
怪我をしているのに遠くから見学に来るリクトの意識の高さは半端じゃない。

今の6年生で3代目となるスペシャルコース。
去年の卒業生がなかなか良い味・良い色を出し、後輩たちに残してくれた。
jtk130515-02.jpg

卒業生7名中、6人がJSC CHIBAのジュニアユースへ入団。
(この時、イブキは海外旅行。)

リョータ、元気でやってるか?たまには顔見せに来いよ~!
ヤスフミ、明るくな!あと、チョット真面目すぎだぞ~!

マヒロが居た初代から良いものが受け継がれている。
今年の6年はどんなものを後輩たちに残してくれるだろう。

[市川塾長] 実川


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

SPコース開設! [--SPコース日記--]

みなさん、こんにちは。
3/8(金)のトレーニングはいかがでしたか?

市川塾に続き、3月1日より本千葉校でも『スペシャルコース』が始まりました!
『スペシャルコース』は、4年生から6年生の高学年選抜メンバーのトレーニングコース。
選考基準は、技術はもちろん、直向さや逞しさなど。
これらを普段の練習時に観察し、スタッフより推薦します。

練習メニューは他のコース同様、ドリブル練習が中心ですが、要求する『質』と『量』が違います。
この日は90分間の練習の内、60分間のコーンドリと30分間の対人練習を行いましたが、選ばれている個達の意識の高さはかなりのもので、黙々とメニューを行っていきます。
今回は、3年生の『コウノスケ』と『ダイ』を招集しましたが、コーンドリはもちろん、対人メニューでも高学年の中に入っても物怖じせずやれていたので、2人とも十分にやれることを確認できました。

mrm130314-1.jpg

次回の練習も楽しみです。

[本千葉塾長] 村松


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | 次の5件 --SPコース日記-- ブログトップ